最短取得を目指すなら合宿免許がお勧め!

都心部に住む人や若年層の間では、交通網の発達や車の維持費が掛かることから、普通自動車の運転免許取得率は年々減少傾向にあるようです。
しかし、運転免許の取得することで自動車が運転できるようになるだけでなく、そのほかにも様々なメリットがあります。
まず、自動車学校卒業後に付与される運転免許証は身分証明書の代わりにもなるので、口座開設や市役所での手続きなど、免許証を持っているだけでも何かと役に立ちます。
また、就職活動のときには運転免許証を持っていることが応募条件となる会社もあるため、就職先の選択肢を広げるために免許を取っておくという方も多いようです。

それでは、実際に運転免許を取得しようと考えたときに気になるのが、免許取得までにどれぐらいの費用と時間がかかるのか、という部分です。
最短で運転免許が取得できる日数は、AT車であれば14日間、MT車は16日間となります。
AT車の免許取得後にMT車の免許へ変更することもできるので、少しでも早く免許を取得したいという方は、まずAT車の免許取得を目指すことをお勧めします。
費用に関しては、通う教習所や、時期、オプションの有無などによって異なりますが、およそ20万円から30万円前後が免許取得にかかる相場となっています。

このように、免許取得にはそれなりの時間と費用がかかりますが、何ヶ月もの間、自動車学校へ通う手間や自分自身のモチベーションを考えると、なるべく早く免許を取ってしまいたいと思う方も多いでしょう。
そこで、本サイトでは初めて自動車学校へ通う方や、合宿免許への参加を考えている方へ、それぞれの取得方法についてのメリット・デメリットと、短期間で免許を取得するためのポイントについてまとめてみました。
間違った教習所選びで後悔する前に基本的な知識を身につけておきましょう。

運転免許を取るために掛かる費用と時間

合宿免許は、自動車教習学校から近い宿泊施設に滞在することで、効率的に教習を受けることができ、短い期間で運転免許が取得できます。 ある程度スケジュールを確保する必要がありますが、費用面などに関してもメリットの多い方法となります。 合宿免許で事前に必要となるものや、費用について詳しく見ていきましょう。

通学教習で早く免許をとるには?

合宿免許のようにまとまった予定を空けられない、自分のペースでしっかりと学びたいという方は、通学教習を利用しましょう。 AT車であれば最短14日間で免許が取得できますが、通学の場合は大体2、3か月ほどかかるとされていますが、教習を受けるタイミングや教習の進め方次第で、卒業時期を早めることもできます。

免許取得までの流れと教習所の選び方

自動車教習所の検索サイトやパンフレットには全国の様々な自動車学校が掲載されていますが、プランや料金などがいろいろあってどこの教習所を選べばいいかよく分からない、という方も多いでしょう。 自分に合った教習所を選ぶためのポイントと、実際に教習所へ入ってから免許を取るまでのステップをご紹介していきます。