運転免許を取るために掛かる費用と時間

この記事をシェアする

様々なメリットがある合宿免許

学生の方や、まとまった休みがとれる方であれば、合宿免許を利用することをお勧めします。
合宿免許最大のメリットは最短スケジュールで卒業ができることと、費用が抑えられるということです。
通常、教習所へ通うことを考えると、免許取得までに1ヶ月以上はかかるとされていますが、合宿免許は技能試験などを優先的に受けることができるため、最短14日間から長くても1ヶ月以内に免許が取得できます。
約2週間ほどスケジュールを空けなければならないというデメリットもありますが、教習所や条件によっては一時帰宅可能な場合もあります。
さらに費用に関しても、交通費や教習代、宿泊費用を含めて20万円前後と、通学で免許を取得するよりも費用を抑えられます。
また、申し込み時期による割引キャンペーンや相部屋を利用することで、さらにお得な料金で参加することもできます。

合宿免許で必要となる持ち物

合宿免許へ参加する際には、パスポートや健康保険証などの本人確認ができる書類や、本籍地が記載された住民票、印鑑などが必須となるので、出発前にしっかりと準備・確認をしておきましょう。
また、宿泊施設によって利用できる備品が異なるため、タオルや洗面グッズ、洗濯用品など、日常生活で必要となるものは基本的に持参しておくと安心です。
技能講習ではサンダルやヒールでは受けられないため、スニーカーなどの運動靴を用意し、なるべく動きやすい服装で臨むようにしましょう。

合宿期間中のスケジュールはある程度余裕をもって組まれており、スムーズに進めば半日から1日フリータイムができる場合もあります。
教習所周辺で観光できる場所を探したり、相部屋であればトランプやゲームを持っていくと、空き時間に他の参加者と親睦を深めることができるかもしれません。