免許取得までの流れと教習所の選び方

この記事をシェアする

教習所ではどんなことをするのか?

教習所に入校してからはまず、運転に必要な視力や運動能力が備わっているかを確認するための適性検査を受けます。
その後、教習の第一段階として、基本的な交通ルールや車に関する知識を学ぶ学科教習を受講します。技能教習は車の基本的な操作や運転を教習所内で実践していきます。
最終的にこの学科・技能教習を全て受け、効果測定と呼ばれるテストに合格後、技能試験を受けて仮免許が交付されます。
仮免許交付後は第二段階に入り、いよいよ実際の公道や高速道路を運転していきます。
学科教習でも高速道路に関するルールや、雨・雪道など応用的な内容を学んでいきます。
これら全ての教習を終え、最後の卒業検定に合格すると教習所から卒業証明書がもらえます。
この卒業証明書を持って、各都道府県にある運転免許センター、または試験場へ行き、適性検査と最終学科試験に合格すれば、晴れて運転免許証を手に入れることができます。

指定校と非指定校の違いとは?

教習所には、「指定」自動車教習所と「届出」自動車教習所の2種類があります。
届出の自動車教習所は指定の自動車教習所よりも短期間で卒業できたり、学費を安く抑えられるというメリットがあります。
しかし、どちらの教習所を卒業するかによって、最後の運転免許センターや試験場で受ける試験内容が大きく異なるため、注意が必要です。

指定自動車教習所を卒業すると、運転免許センターでは技能試験が免除され、必要な試験は筆記試験のみとなります。
届出教習所の場合、この卒業後の免許センターで筆記試験とあわせて技能試験の受験も必須となります。
一般的に、免許センターでの技能試験合格率は、指定教習所での技能試験合格率よりも低い傾向があるため、1回の試験で確実に免許を取りたいという方は、届出の教習所よりも指定の自動車教習所を選ぶほうが良いでしょう。